土地活用プランナーが教える土地活用

土地活用の杜

土地活用の会社比較

スーパーホテルの土地活用口コミと評判

クマ
広い土地を保有している場合には、どんな活用法があるのかな?

シカ
広い土地って活用法がたくさんあるから迷うよね。その中の選択肢の1つとして、ホテル経営っていうのもあるよ!

クマ
ホテル経営かぁ~なんだかすごく大規模な土地活用になりそうだね。でもちょっと興味あるな!

シカ
今回はホテル運営の土地活用について詳しく説明しているよ!早速見てみよう!

今回の記事は、スーパーホテルの土地活用プランが気になっているけれど、安心して任せられるかどうかがわからず不安という方の疑問を解決するものです。

 

実際にスーパーホテルの資料請求を行い、ホームページに書いていない内容も確認し、細かく評価をしています。

 

スーパーホテルの土地活用プランは

  • ホテルの経営に強い
  • 広い土地を活用するのに向いている
  • 費用が明確に提示されており、いくら掛かるのかがわかりやすい

など、様々なメリットがあり、リスクを明確にした上で土地活用を始めたいという方にぴったりというのが、当サイトでの結論です。

 

このページではスーパーホテルの土地活用の特長やメリット、デメリットなどを解説していますので、パートナーとなる業者選びの際の参考にしていただければと思います。

 

スーパーホテルの土地活用を8つの観点から10段階評価

評価評価の根拠
ホテル事業の実績9ホテルの店舗数は2017年6月時点で118店舗。ルートイン(264店舗)、東横イン(226店舗)、アパホテル(152店舗)に次ぐ業界第4位。
対応エリアの広さ6建物賃貸借方式の場合は23区内が中心。フランチャイズ契約の場合は全国対応だが、実質的には都市部に限られる。
土地活用プランの数2ホテル経営のみで、賃貸アパートやマンションなどはなし。
ホテル管理の品質9自動チェックイン機システムによって、少ない費用で効率的な管理を実現。
一括借上システムの充実度8建物賃貸借契約の契約期間は20年~30年。
価格帯3賃貸アパートやマンションと比べると建物の規模が大きく、それに伴い事業費用も高額に。
アフターサービス9フランチャイズ契約の場合は様々な経営サポートあり。
しつこい営業がないか8特になし。

クマ
スーパーホテルではどんな土地活用を取り入れているの?

シカ
スーパーホテルでは、ホテル運営を取り入れる事しかできないんだ。だけどその分、充実した内容となるんだよ!

スーパーホテルの商品ラインナップ

スーパーホテルの土地活用の商品ラインナップはホテル経営のみです。

他の業者でよく見られる賃貸アパートやマンションはありませんが、その分ホテル経営に特化しているため、ホテル経営をしたいと最初から決めている場合は有力な選択肢の一つになります。

スーパーホテルはどんなホテル?

スーパーホテルは北海道から沖縄県まで118店舗を展開するビジネスホテエルのチェーン店となる企業です。

1泊1食付きの費用が5000円前後からという低料金が大きな特徴で、それを実現するためのコストカットが図られています。
価格の割にはサービスも充実しており、それぞれのユーザーに合わせたお得なプランも豊富です。

 

ホテル経営は、一般的な賃貸アパートやマンション経営と同じ稼働率なら、より利回りが高くなる傾向にあり、広大な土地を活用するのに適しています。

クマ
ホテル運営って自分自身で運営をするって事でしょ?

シカ
物件として貸し出す場合と、自分自身で運営する場合との2パターンがあるよ。契約について詳しくチェックしよう!

スーパーホテルの契約形態

スーパーホテルの契約形態には「建物賃貸借方式」と「フランチャイズ契約」の2種類があります。

 

建物賃貸借方式とは

建物賃貸借方式とは、スーパーホテル側がオーナーの建物を一定の価格で借り上げ、スーパーホテルがその建物をホテルとして活用する契約形態です。

簡単に言えば「建物の又貸し」です。

 

このシステムでは、オーナーはホテルの利用者からではなくスーパーホテルから毎月一定の賃料を受け取ります。

そのため、ホテルが常時満室になっても年中がらがらになっても、収入は常に一定になります。

 

ただし、ホテルの利用状況によってはスーパーホテル側が賃下げ交渉をしてくることもあるため、稼働率は高いに越したことはありません

 

契約期間は原則として20年~30年の長期契約となります。
また、オーナー側は初期費用とは別に維持保全費を支払う必要があります。

維持保全費は以下のとおりです。

  • 20年契約の場合:1年目~20年目 総事業費×1.0%
  • 25年契約の場合:1年目~20年目
  • 22年目~25年目:総事業費×1.0、21年目 総事業費×1.0%+1億円

 

総事業費は100室の場合6億円程度です。

 

この契約形態では、土地の相続や税金、事業の多角化などの様々な相談に乗ってもらうことが可能です。

資金計画や調査、設計、建設、維持保全作業などは全てスーパーホテル側に代行してもらえるため、経営の負担はありません

 

フランチャイズ契約とは

フランチャイズ契約とは、オーナーが土地の上に建物を立てて従業員を雇用し、ホテルを経営する契約です。

 

オーナーはスーパーホテルと契約を結び、売上の一部をロイヤリティとして支払い、その見返りにスーパーホテルのブランドを借り、ホテル経営ノウハウの提供を受けます

 

自らホテルを経営することになる為手間はかかりますが、稼働率が80%以上になれば、建物賃貸借契約の2倍以上のキャッシュフローを手にすることも可能です。

 

契約期間は原則30年で、21年目以降は最長で10年間の更新も可能です。

 

フランチャイズ契約時の主な経費は以下のとおりです。

  • ロイヤリティ:売上の6.5%~
  • ホテルシステムの保守費用:30万円/月
  • 運営にかかる諸費用(人件費など)
  • 固定資産税、都市計画税など

総事業費は100室程度の場合7.6億円程度で、平均稼働率は2013年度時点で89.87%となっています。

建物賃貸借契約とフランチャイズ契約ではどちらがお得?

キャッシュフローを潤沢に得たい場合は、フランチャイズ契約のほうがお得です。

前述の通り、稼働率が80%以上になれば、建物賃貸借契約の2倍以上のキャッシュフローを手にすることも可能です。

 

しかし、フランチャイズ契約は経営も自分で行わなければならないため、手間がかかる上にリスクも高いです。
建物賃貸借契約ならばそのあたりの面倒なことは全てスーパーホテル側がやってくれるので、オーナーは楽ができます。

 

会社勤めなど、その他の本業があって副業として土地活用に取り組みたい方は建物賃貸借契約が、専業としてホテル経営に取り組みたい場合はフランチャイズ契約がおすすめです。

クマ
フランチャイズ契約でがっつり収益を上げたいな!その他にも、ホテル運営にはどんなメリットがあるの?

シカ
ホテル建築は、初期投資が非常に高くなってしまうというデメリットもあるから、メリットとだけではなくデメリットもしっかりと把握しておこう!

スーパーホテルの土地活用のメリット

スーパーホテルの土地活用が特に優れている点を、いくつかピックアップしました。

綿密な調査に基づいた適切な提案が受けられる

土地活用を成功させ、安定的に収益を得続けるためには、最初の提案が非常に重要になります。

そして、良い提案には綿密な調査が必要不可欠です。

スーパーホテルは綿密な市場調査に基づいて最適なプランを提案してくれるため、その土地を最も有効に活かせます

 

費用がいくら掛かるのかがわかりやすい

スーパーホテルはWebサイト上で、どれくらいの規模のホテルを運営するにはどれくらいの費用がかかるかを説明してくれています。

これを行えている事業者は実は少なく、スーパーホテルならではの利点と言えるでしょう。
もちろん、これらの費用はあくまでも目安であって、必ずその通りになるというわけではないことについては注意が必要です。

稼働率が高い

スーパーホテルの稼働率は2013年度時点で89.87%です。

つまり、ホテルが100室あった場合、毎日90室程度が稼働しているわけです(実際には季節によって変動があります)。

危険水準と言われている稼働率60%を割り込むホテルが少なくない昨今において、スーパーホテルは「勝ち組」であるといえます。

 

利用者の満足度が高い

高い稼働率を支えるのが、利用者の満足度です。
スーパーホテルでは、
高い満足度を得てもらう事を経営理念としてしています。
従業員満足度が高いのも、スーパーホテルの特長です。
従業員育成には、「自律型感動人間」として長所を伸ばすための、人財開発を行っています。
経営指針書を用いて業務を行うため、お客様にとって快適なサービスを取り入れる事ができるのです。

2015年にJ.D.パワーが日本全国のホテルグループ・チェーン139ブランドを対象に行なった調査によれば、1泊9000円未満部門(15ホテルグループ・チェーンブランドが対象)でスーパーホテルは顧客満足度1位を獲得しています。

その他にも、2015年には、日本経営品質賞も受賞しています。

特に「チェックイン・チェックアウト」「客室」「料金」の評価が高く、「また泊まりたいホテル」の地位を獲得しています。
実際、同ランキングではリピート率70%を記録しており、多くの利用者が複数回利用している、ブランド力のあるホテルとなります。

朝食からバイキングを取り入れている事も人気の理由の1つと言えるでしょう。

 

快適・快眠

スーパーホテルが特に力を入れているのが、快適・快眠です。

大阪に本社を置くスーパーホテルは、大阪府立大学と共同で「ぐっすり研究所」を設立

科学的な裏付けに基づいた、安眠できる部屋・設備を研究・提供しています。
客室の満足度が高い背景には、この研究の成果があります。

 

ベッドやまくらなどの寝具はもちろん、空気照明、さらには天然温泉などのサービスで利用者の快適・快眠を総合的にサポート

 

この快適さに感動し、惹かれた利用者のリピートが見込めます。

広い土地で大きなホテルを運用するのに向いている

スーパーホテルの土地活用ができる土地の目安は、建物賃貸借方式なら60坪、フランチャイズ募集とするなら100坪目安となっています。

建物面積は100室の場合は600坪程度で、かなりの規模になります。

 

延床面積が大きくなり、部屋数が増えれば、1室あたりのウェイトが小さくなるため、多少空室が出来ても他の部屋でカバーできます

優秀なビジネスモデルを保有している

スーパーホテルは自動チェックイン機システムという、他のホテルでは見られない独自のチェックインシステムを採用しています。

自動チェックイン機システムを用いたチェックインは利用者も経営者も手間がかからない、双方にとってメリットが有るシステムです。
自動チェックイン機システムは、顧客情報が漏れにくいというメリットもあります。

 

その他にも、暗証番号キーの導入ホテルシステムのデータセンター化など、様々なビジネスモデルによって効率的なコスト削減を実現

利用者は安く泊まれ、経営者は十分な利益を得られる体制が築かれています。

ホテル内に自分の部屋を持てる(フランチャイズ契約の場合)

フランチャイズ契約を結び、自分が支配人として働く場合、ホテル内にある1LDKの部屋を借りることが出来ます

家賃は0円、スーパーホテル内に自室があるため通勤時間もかかりません。

水道光熱費も0円で、1LDKとスペースも十分にあります。

 

スーパーホテルの土地活用のデメリット

様々なメリットがあるスーパーホテルの土地活用ですが、一方でデメリットも存在します。

 

賃貸アパートや賃貸マンションに対応していない

スーパーホテルの最大のデメリットがこれです。

最初から賃貸アパートや賃貸マンションを経営する気がはなからない場合はいいのですが、賃貸アパート・賃貸マンション・駐車営・ホテルなど、幅広い土地活用方を比較しながら最終的な活用方法を決めたい場合には他の業者を選んだほうがいいでしょう。

初期費用が高い

スーパーホテルの総事業費は、建設規模が100室ならば、建物賃貸借契約で約6億円、フランチャイズ契約で7億6000万円となります。

価格に差があるのは、フランチャイズ契約の場合は加盟保証金や企画料などが別途必要になるためです。

初期費用としてはかなり高く、気軽に手が出せないという人も多いでしょう。

 

建物賃貸借契約の場合は建設協力金(建設費用としてスーパーホテルから無利子で貸し出されるお金)として、建築費用が受け取れることもありますが、その場合毎月の賃料と建設協力金の返済が相殺されてしまうため、手取りは少なくなります。

経営に慣れるまでが大変(フランチャイズ契約の場合)

フランチャイズ契約は建物賃貸借契約よりも大きく稼げる可能性がある一方で、自分で経営の責任を追うことになるため決して楽はできません

ホテル経営は賃貸アパートの経営よりもずっとやらなければならないことが多く、大変です。

 

リスクを背負いたくない、大変な思いをしたくないという場合は、建物賃貸借契約を検討した方がいいでしょう。

出店できる範囲が限られている

スーパーホテルは北は北海道から南は沖縄・石垣まで全国に118店舗を展開していますが、その殆どは東京などの各都道府県の大都市部や県庁所在地、駅から近い場所、もしくは観光地などの加盟店募集が集中しています。

人口が少ない市町村などで経営を始めるのは非常に難しいでしょう。

 

そのような土地は駐車場や賃貸アパートなど、他の方法で活用するか、もしくは売却したほうが良いかもしれません。

 

一度建物を立ててしまうと転用が難しい

スーパーホテルの物件として建てられた物件は、スーパーホテルの仕様に基づいて建てられていますので、賃貸マンション、アパートなどに転用するのは非常に難しいです。

かと言って、取り壊すには多額の解体費用がかかりますし、そのままにしておくと固定資産税や建物の維持管理費用がかかります

一度建てたら辞めるに辞められないのはホテル経営の短所の一つといえます。

クマ
スーパーホテルでの土地活用について、詳しく教えてくれてありがとう!ホテル経営を取り入れる場合には、スーパーホテルで資料請求を取り入れてみるよ!

シカ
広い土地だからこそ、土地活用が後悔や失敗となってしまう事がないようにしよう!

スーパーホテルでの土地活用が向いている人

以下の条件に当てはまる方には、スーパーホテルでの土地活用をおすすめします。

大きな土地を十分に活かしたい人

スーパーホテルは100室以上の比較的大きなホテルにも対応可能です。

繁華街の駅前一等地など、十分な利用者が見込める土地ならば、賃貸アパートやマンションを経営するよりも、スーパーホテルを経営したほうが最終的な利益は大きくなる可能性が高いです。

 

必要な費用を理解した上で土地活用を始めたい人

土地活用には様々な費用がかかりますが、スーパーホテルは総事業の概算を最初に公開してくれるため安心です。

-土地活用の会社比較

error:
【無料】土地活用に失敗しない方法
土地活用に失敗しない方法

Copyright© 土地活用の杜 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.