土地活用プランナーが教える土地活用

土地活用の杜

土地活用の会社比較

ゴールドトラストの土地活用口コミと評判

クマ
資産運用として、土地活用を中部地方で取り入れる予定なんだ。土地活用でお勧めの会社を教えて!

ミミズク
中部地方での土地活用はゴールドトラストが有名だよ!

クマ
ゴールドトラストはどんな会社なの?

ミミズク
では早速ゴールドトラストについて詳しく調べてみよう!

今回の記事は、ゴールドトラストの土地活用プランが気になっているけれど、安心して任せられるかどうかがわからず不安という方の疑問を解決するものです。
実際にゴールドトラストの資料請求を行い、営業の有無なども含め、ホームページに書いていない内容も確認し、細かく評価をしています。

ゴールドトラストの土地活用プランは

  • デザイナーズ賃貸マンション設計や防災マンションなど、多様なニーズに対応
  • 最大35年までの家賃保証あり
  • 資料請求で1350円の書籍がもらえる

など、様々なメリットがあり、初心者でも比較的簡単に利益を出すことができるというのが、当サイトでの結論です。

このページではゴールドトラストの土地活用の特長やメリット、デメリットなどを解説していますので、パートナーとなる業者選びの際の参考にしていただければと思います。

クマ
ゴールドトラストには色々なプランがありそうだね!

ミミズク
まずは評価と、商品のラインナップからチェックしてみよう!

ゴールドトラストの土地活用を7つの観点から10段階評価

評価評価の根拠
建物管理の実績4管理戸数は約1900戸。原則、自社物件の管理しか行わない。
対応エリアの広さ4営業範囲は本社がある愛知県とその周辺部のみ。
土地活用プランの数9賃貸住宅メインだがそのラインナップは非常に豊富で、大手では実現が難しい物件が造れる。
建物の品質9耐震性、オリジナリティに優れる。
一括借上システムの充実度6期間は最長30年。業界大手の中では平均的な数字。
価格帯939万円/坪~と、他の業界大手と比べるとかなり安め。
アフターサービス9マンション買取制度が非常に優秀。
しつこい営業がないか4資料請求後のDMが何度も来る


ゴールドトラストの商品ラインナップ

まずはゴールドトラストのラインナップを見ていきましょう。

ゴールドトラストの商品ラインナップは大きく

  • デザイナーズ賃貸マンション
  • サービス付高齢者向け住宅(サ高住)
  • 防災マンション
  • 戸建賃貸住宅

の4つの事業内容に分類することができます。

工業化建築(工場で部材を作り、現場で組みたてる建築。工期は短くなり品質も安定するが、多様性に乏しい)ではないため、他の建築会社ではなかなか実現できない個性的な建物を建てられるのが特長です。

デザイナーズ賃貸マンション

デザイナーズ賃貸マンションとは、デザイナーがこだわって設計した物件のことです。
法的な定義などはありませんが、ゴールとトラストのデザイナーズマンションは
デザインはもちろん、耐久性・耐震性にも優れています

 

コストをかけるだけのデザインではなく、抑えられるコストは抑えての建築になるため、利回りも安定しやすいです。

 

デザインにはシンプルモダン南欧風ナチュラルモダンなどがあり、いずれもローコストでありながら他の一般的なマンションとの差別化が可能になります。
街中に自然に溶け込みつつもしっかりと主張をしてくれるデザインで、入居者の満足感を高めます

建物の一部をオーナーズルームとすることも可能です。
オーナーズルーム分の建築費用は毎月入ってくる賃料収入で相殺できるため、実質的な負担無しでマイホームを入手することも可能です。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

サービス付き高齢者向け住宅は、その名の通りサービスがついてくる高齢者向けの賃貸住宅のことです。
サービスの内容はまちまちですが安否確認生活相談についてはすべてのサービス付き高齢者向け住宅で提供が義務付けられています。
その他、医療処置や身体介護などがついてくる場合もあります。

 

サービス付き高齢者向け住宅は健康~比較的要介護度が低い高齢者のための住宅で、比較的自由な生活を実現できることから、元気な高齢者に人気があります。

 

経営者の視点から見た場合、高齢者は余り遠出をしないので交通が不便なところでも比較的成功しやすく、一度入居した人はなかなか出ていかないので稼働率が安定しやすいというメリットがあります。

また、最大で建設費の1割が国から補助されるため、建設費を節約することも可能です。

 

ゴールドトラストのサービス付き高齢者向け住宅は、同社のグループ会社であるゴールドエイジ株式会社と連携してオーナーをサポートします。
ゴールドエイジ株式会社は中部地方でサービス付き高齢者向け住宅の経営実績No1となります優れた設計業務での数多くの実績があり、経営ノウハウを持っています

 

開業マネージメントや収益改善マネージメントと言ったサポートだけでなく、無料の3日間セミナーも定期的に開催されています。
サービス付き高齢者向け住宅の経営にはかなり強い業者であるといえるでしょう。

防災マンション

防災マンションとは、その名の通り防災性能が優れたマンションのことです。

東日本大震災を例に出すまでもなく、安心して住める住宅には高い耐震性・防災性が必要不可欠です。
ゴールドトラストの防災マンションは津波避難ビル(津波発生時に避難場所として利すスべきビル)である「3階建て以上」という条件のみならず、高い耐久性・耐震性で入居者を守ります。

 

マンションの外部には避難用の階段を設け、建物付近にいる人達も守ります
構造は東日本大震災で最も揺れや津波に耐えた鉄筋コンクリート造を採用しており、地中深くまで杭を打ち込むことによって激しい揺れにも耐えます

 

防災マンションの建設にはそれなりに費用がかかりますが、入居者に大きな安心・安全を与えるため、賃料を高めに設定しても入居者が集まりやすいです。

戸建賃貸住宅

戸建賃貸住宅は、いわゆる一軒家の賃貸物件です。
大きなマンションを建てる土地や資金がない場合でも始めることができるため、初心者にも人気があります。

 

戸建賃貸は騒音などで周囲にあまり気を使わないで済むため、子供がいるファミリー世帯などから人気があります。

 

不動産ポータルサイト「HOME'S」によれば、サイトユーザーの5人に1人=20%は一戸建て賃貸を含めた検索を行っています。

 

一方で賃貸市場に占める戸建賃貸住宅の割合はわずか1.4%に過ぎず、需要超過状態にあるといえます。
このような市場では必然的に賃料が高くなり、また賃料が高くなるので入居者も自然と高所得者になるため、トラブルが起こりづらくなります

 

また、戸建賃貸住宅はファミリー層がメインの客層であるためなかなか引っ越さず、入居期間が長くなりやすいのもメリットと言えます。

 

統計局の調査によれば、集合賃貸住宅(マンションやアパートなど)の入居年数は5年以下の比率が61.12%、15年以上はわずか7.83%であったのに対して、戸建賃貸住宅は5年以下が34.95%、15年以上が33.61%となっています。

 

一方、戸建賃貸住宅のデメリットは戸数が1戸しかないため、入居率が100%か0%にしかならずに安定しづらいことです。
それまでの住民が出ていってしまえば、入居率は0%、つまり賃料収入も0になってしまいます。

 

しかし、ゴールドドラストの戸建賃貸住宅は平均面積72.86m2と十分な広さを実現しており、建物自体も高品質であるため、入居者が退去してもすぐに次の入居者が見つかる可能性が高いです。

 

屋根に太陽光発電設備を設置することも可能で、その場合は売電収入と賃料収入の両方を得られます。
売電収入を賃料に還元すれば、更に入居者が集まりやすくなります

クマ
ゴールドトラストは幅広い土地活用をとりいれているんだね。契約内容はどんな内容になっているの?

ミミズク
一括借上げシステムと管理業務代行の2種類の契約内容となるよ。詳しく見てみよう!

ゴールドトラストの土地活用の契約形態

ゴールドトラストの土地活用の契約形態には、「一括借上げ(家賃保証)」と「管理業務代行」の2種類があります。

一括借上げ(家賃保証)

一括借上げ(家賃保証)は、ゴールドトラストがオーナーから物件を借り上げて、管理や賃料の回収などのあらゆる業務内容を担当するものです。

簡単に言えば「物件の又貸し」です。

 

このシステムでは、オーナーは入居者からではなくゴールドトラストから毎月一定の賃料を受け取ります
そのため、入居率が下がっても収入が減ることはありません。逆に入居率が増えても収入が増えることはありませんが、初めて土地活用を行うという人にとっては安心のシステムと言えるでしょう。

反面、自分で稼働率を高くする自信があるという方にとっては、余りメリットがありません

 

受け取れる賃料はゴールドトラストが査定した適正家賃の80~90%となります。

例えば、適正家賃が10万円/戸、5戸の物件があった場合、受け取れる賃料は10万円/戸×5戸×80~90%=40万円~45万円となります。借上期間は最長30年です。

管理業務代行とは

一般管理・建物管理は、賃貸物件の経営に必要不可欠な業務である集金管理建物管理ゴールドトラストが代行してくれるシステムです。

オーナーは入居者から賃料を受け取り、賃料の一部を管理委託費用としてゴールドトラストに支払います。費用は建物の規模や収益性に左右されますが、概ね賃料収入の5%程度になることが多いです。

 

幅広いネットワークが必要な入居者募集や、法律に関する知識が求められる賃貸借契約、面倒な集金や滞納督促クレーム対応などもすべて任せることができるため、オーナーはほぼ何もせずとも賃料を得られます

一括借上げと管理業務代行はどちらがお得?

入居率によります。

入居率が高い場合は管理業務代行のほうがオーナーが受け取れる賃料は高くなりますが、一括借上げならば入居率が下がってもゴールドトラストから受け取れる賃料は下がらないというメリットがあります。

 

ゴールドトラストはサイト内コラムで

 

当社では基本的に借上げをお勧めしておりません。
なぜなら、新築後、当初10年間で空室が出るような計画は失敗と考えるからです。
オーナー様にとって一番稼げる期間でさえも、借上げ賃料を払い続けなくてはならない。
これが果たして正しい計画と言えるのでしょうか。

 

と述べており、基本的には管理業務代行を勧めているようです。

 

ゴールドトラストの実績は?

ゴールドトラストの管理戸数実績は業界50位以内には入っておらず、他の業者と比べると実績ではやや見劣りする面があります。

しかし、入居率は他の業者に見劣りしないほど高いため、規模ではなく実力そのものを評価する人にとってはおすすめです。

ゴールドトラストは、AGGホールディングスグループであり、他にも、アサヒグローバル株式会社、ゴールドエイジ株式会社などの系列会社があります。

ハローワーク求人にも掲載されている事がある、安心、そして安定して働くことができる職場であると評判が高い会社です。ハローワーク名古屋であれば、経営関連職経験業務など、ゴールドトラストの求人情報をチェックする事が出来る機会もあるでしょう。経験者の方が優遇されやすいと言われています。

クマ
ゴールドトラストで土地活用を行うメリットをもっと知りたいな!

ミミズク
メリットとデメリットをチェックして、土地活用の会社選びが失敗とならないようにしよう!

ゴールドトラストの土地活用のメリット

ゴールドトラストでは、様々な提案営業を受ける事が出来るのですが、土地活用のメリットとしては、以下の様なことが上げられます。

節税サポート面でのサポートが充実している

節税対策や、相続税対策にアパートやマンションを建設する人は少なくありませんが、不動産を用いた節税はうまく行わないと効果が上がらないばかりか、かえって損をすることがあります。

賃貸経営は税金との長期間に渡る対決と言っても過言ではなく、現在のみならず10年、30年、50年と先を見据えて行わなければなりません。

 

その点ゴールドトラストは毎年確定申告のセミナーを開催しているため、効率的・効果的に節税を行うことができます。

セミナーは毎年11月に行われるため、年末までに対策を行い、ゆっくりと確定申告書を作成できます。

高齢者向け賃貸住宅に強い

ゴールドトラストはサービス付き高齢者向け住宅制度ができた2006年から高齢者向け賃貸住宅の展開に力を入れている、高齢者賃貸住宅経営のパイオニア的存在です。

高齢者向け住宅を専門とするスタッフも多数在籍しており、利益を上げやすい仕組みが整っています

 

食事、設備、住環境、サービスなど様々なサービスが充実しているため、入居者の満足度が上がり、その結果稼働率も高いところで安定します。

 

高齢者向け賃貸住宅は、高齢者人口が総人口の約4分の1を占めており、今後も増え続けることが確実な日本社会にぴったりな不動産投資先の一つです。

現時点では特別養護老人ホームの入居待機者数が42万人居り、この需要をうまく汲み取ることができれば、事業者として、事業が成り立ちますし、高い稼働率を維持できるはずです。

オリジナリティの高い物件が造れる

業界大手のメーカーは工業化建築を採用するなどして工期短縮や品質安定に努めています。

一方、ゴールドトラストはデザイナーズ賃貸マンションなど、物件のオリジナリティを高めることを重視しています。

どちらがいいとは一概には言えませんが、物件のオリジナリティを高めることが他の賃貸物件との差別化につながりますし、資産価値を高める事になるは間違いありません。

耐震性・耐久性が高い

ゴールドトラストの建物は耐震性・耐久性ともに優れています。

耐震性に関しては、震度7(最も大きい震度)でもびくともしない強固な耐震性を実現しています。

実際、阪神淡路大震災ではいくつかのゴールドトラストのマンションも震度7の地震に遭いましたが、家屋の倒壊、焼失などはありませんでした。

 

構造にはコンクリートの壁で建物全体を支える壁式構造を採用しています。
壁式構造は柱や梁で建物を支えるラーメン構造と比べて特定の部位に大きな力がかかりづらく、また余計な出っ張りが少ないため部屋の中がきれいになります。

反面、壁が多くなるという欠点もありますが、オフィスや店舗ほど部屋を大きくする必要がない賃貸住宅においては大きな欠点にはなりません。

屋上には独自の防水を施しているため、雨や雪が多い地域でも安心です。

安い家賃でも高い利回りを実現

入居者のために家賃を下げれば利回りが下がり、利益確保のために家賃を上げれば入居率が下がるのは世の常です。

しかし、ゴールドトラストは日経新聞などでも取り上げられた独自の賃貸システム(ビジネス特許出願中)によって、安い家賃と高い利回りを実現しています。

他の大手業者と比べると、比較的価格が安い

ゴールドトラストは建設費用が坪39万円~と、他の大手業者(概ね坪60万円~)と比べるとかなり割安です。

もちろん、費用が安いからと言って品質が低いというわけではなく、耐震性、耐久性には優れています

コストパフォーマンスを重視する方にはおすすめです。

入居率が高い

ゴールドトラストは関西~中京地方の事業所や事務所がほとんどとなる、関西~中京地方で強い会社です。

名古屋を中心とする中京地方は関西や首都圏と比べると賃貸物件の需要があまりなく、名古屋市全体での平均空室率は17.4%(入居率82.6%)となっています。

一方、ゴールドトラストのファミリータイプ・3LDK物件の空室率はちょうど1.0%(入居率99.0%)と、高い入居率を実現しています。

建設と管理を両方行うゴールドトラストだからこその数字です。

20年~30年の家賃保証がある

ゴールドトラストは最大で30年間の家賃保証を行っています。

保証はゴールドトラスト共済会外国再保険会社(AAAクラス)の3社が保証を行うため、安心も3倍です。

一度設置された家賃額は30年間変更されないなど、一般の保証会社ではできない内容が充実しています。

賃料は最初の10年間は見直しをしないことを基本としています(経済状況が急変した場合は協議の上変更することがあります)。

マンション買取制度がある

マンション買取制度は、万が一賃貸経営が行き詰まった際にゴールドトラストがマンションを買い取ってくれる制度です。

具体的には、その時点での残債と同額でアパートを土地ごと買い取ってもらうことが出来ます

土地と建物を両方失うのは痛いですが、同時に借り入れもなくなるため、万が一の際の保証としては優秀です。

 

ただ、買取保証を前提にしたマンション経営は余りおすすめできません

ゴールドトラストには一括借上システムもありますし、あくまでも保険程度に考えておいたほうが良さそうです。

資料請求で1350円の書籍がもらえる(期間限定)

今ゴールドトラストで資料請求を行うと、ゴールドトラストの代表久保川議道氏の著書、アパート・マンション経営、本当に儲かるのはどっち!?」がプレゼントとしてもらえます。

この本は

  • 「築10年で空室が発生した場合、家賃は維持する?それとも下げる?」
  • 「35年ローンは35年で返す?それとも20年~25年で返す?」
  • 「構造は鉄骨造?鉄筋コンクリート造?」

など、アパート・マンション経営者がよく突き当たる質問に久保川氏が一問一答形式で答えるというものです。

答えが納得の行く理由付きで示されているため、疑問を残すことなく読み進めることができます。
久保川氏自身も500戸の賃貸住宅を経営し、入居率99%を達成しているオーナーであり、実体験に基づく回答が多いため説得力があります。

ゴールドトラストのデメリット

様々なメリットがあるゴールドトラストの土地活用ですが、一方でデメリットも存在します。

営業範囲が狭く、規模が小さい

ゴールドトラストは愛知県名古屋市日本社を、三重県四日市市に営業所を置いており、営業地域は関西~中京地域に限られています。

イベントやセミナーも度々開催されていますが、ほぼ全て名古屋での開催です。
他の大手業者が全国展開しているのと比べると、営業規模という点ではやや見劣りする一面もあります。

鉄骨造の物件が少ない

ゴールドトラストは耐震性や耐久性の観点から、マンション投資は壁式コンクリート構造で行うことを勧めています

確かに壁式コンクリート造は耐震性、耐久性に優れていますが、材料費が高くなりがちで、部材が大きいぶん地盤改良が必要になるケースも少なくありません。

費用などの観点から鉄骨造を選びたいという方は、他の業者を選んだほうが良いでしょう。

クマ
ゴールドトラストは価格が抑えられそうだね!すごく興味がわいてきたよ!

ミミズク
土地活用は、種類に合わせて会社選びを取り入れる事が大切だよ。様々な会社を比較して、満足度の高い土地活用を目指そう!

ゴールドトラストの土地活用が向いている人

以下の条件に当てはまる方には、ゴールドトラストでの土地活用をおすすめします。

中京圏に在住している人

ゴールドトラストは首都圏では余り名が知られていませんが、中京圏では信頼ができる業者として指示を集めています。

高品質で低価格、サポートも充実しているため、地域的に利用可能な方にはおすすめです。

節税を重視する人

ゴールドトラストはセミナーやイベントで、正しく節税する方法を度々教えてくれます

税理士を雇う手間や費用をかけずに、最大限の節税をしたいという方は、ゴールドトラストの利用をおすすめします。

高齢者向け賃貸住宅を経営したい人

ゴールドトラストの高齢者向け賃貸住宅ノウハウは、あなたの経営を着実にサポートします。

これからの超少子高齢化社会に向けて高齢者向け賃貸住宅を経営するならば、ゴールドトラストがおすすめです。
ゴールドトラストのホームページをチェックする事で、様々な土地活用を知ることが出来ます。ホームページの更新日は決まっていませんが、土地活用の情報源となりますから、提供元となるゴールドトラストのホームページを頻繁にチェックしてみると良いでしょう。

Q&A

Q1:銀行はどうやって探せばいいの?

A1:ゴールドトラストの提携銀行を紹介してもらえます。銀行への折衝などもゴールドトラストが行ってくれます。自分で探すことも可能ですが、保証人や建物・土地以外の担保が不要なローンを紹介してもらえるので、紹介してもらった銀行を利用した方がよいでしょう。

 

Q2:ゴールとトラストで土地活用をする際におすすめの建物構造は?

A2:鉄筋コンクリート造です。繰り返しになりますが、鉄筋コンクリート造は耐震性・耐久性に優れるため、集合住宅には最適です。鉄筋コンクリートは費用が高いという難点があるのですが、ゴールドトラストは他の業者と比べると建築費用が安いので安心して任せられます


Q3:確定申告って何?

A3:確定申告とは、1年間に得た所得(「収入」=受け取ったお金から「支出」=経費を引いたもの)を計算し、所得税の納税額を割り出して税務署に申告する行為のことです。日本の所得税は累進課税制度というものを採用しており、所得が多いほど所得税率が高くなります。

会社員や公務員は通常、会社や役所などが本人に代わって確定申告を行ってくれるので自分でやる必要はありません
しかし、マンション経営で利益を得ている場合は会社員や公務員も確定申告を行わなければならず、それを怠ると追加徴税があります。

赤字の場合は原則的に確定申告をする必要はありませんが、青色申告(確定申告の種類の一つ)をすると前年分の税金が戻ってきたり、翌年の黒字から今年の赤字分を差し引いたり出来ます。

確定申告は初心者にはとっつきづらい一面もありますが、ゴールドトラストはセミナーやイベントで確定申告の解説を行っている他、税理士など税金のプロとも提携関係にあります。彼らの意見を参考にすれば、自然と正しく節税することが出来ます

 

Q4:サービス付き高齢者住宅(サ高住)の介護会社はどうやって決める?

A4:ゴールドトラストは定期的にセミナーを行い、介護会社や医療機関などを募集しています。その中でも特に財務状態、サービスの品質、経営者の人柄などが優れた介護会社を紹介してもらえます。

 

Q5:サ高住と有料老人ホームは別物?

A5:別物です。サ高住は賃貸住宅ですから、入居者は賃貸借契約を結び、毎月賃料を支払います。管轄は国土交通省が行っています。
一方、有料老人ホームは介護施設ですから、入居者は利用権契約を結び、入居時に一時金を支払います。管轄は厚生労働省が行っています。

サ高住は入居期間が長くなりやすく、比較的健康な高齢者が集まるためトラブルが起こりづらいという長所があります。また、国から補助金を受け取ることも出来ます。

-土地活用の会社比較

error:
【無料】土地活用に失敗しない方法
土地活用に失敗しない方法

Copyright© 土地活用の杜 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.